CATEGORY

LATEST

BACK NUMBER

 

旧スタッフブログはこちらから

←2011年8月のアーカイブ

2011年10月のアーカイブ→

2011年9月のアーカイブ

藤井の犬ブログ

2011.09.29

くらびと藤井です。

またまた動物ネタですみません。

みなさん、保健所(動物保護センター)というと

どんなイメージをお持ちですか?

動物を殺処分しているところ・・・・

少なくとも私はそんなイメージしかありませんでした。

実態は全然違います。

現場の職員さんたちは真心をこめて犬猫の世話をしてくれています。

出入りの清掃業者さんも含め、みなさん愛情を込めて

面倒を見てくれているそうです。

捨てられる動物が減るように啓蒙活動をしたり、譲渡を促進したり・・・

それでもどんどん捨てられてしまう動物たち。

一般への譲渡ではとても追いつかないので、

多くのボランティアさん達が保健所から引き出し、里親を探してくれています。

それでも全部を出せるわけではありません。

特に高齢や病気の子たちは、出してもらえる可能性が低くなってしまいます。

そんなわけで、我が家の「小麦ちゃん」。。。

 

DVC00291.jpg

この子は、センターに持ち込まれた鼻の周りの毛が白くなってきている高齢犬。

(おそらく10~12歳位)

しかも、首の下に大きなコブをぶら下げていました。(腫瘍です。)

また、体中を触ると、いたるところにコブがありました。

引き出したところで貰い手が見つからないのではと、ボランティアさんも

手を付けないで残っていた子です。

ただこの子、本当に性格が良いんです。

人が大好きでシッポふりふり。

センターの職員さんもなんとかこの子を助けてあげたくて、

3か月以上も処分せずに面倒を見ていてくれました。

後からどんどん犬が入ってくると、キャパオーバーで

さすがに処分しなければいけない時がやってきます。

いよいよ「明日処分します」という日がやってきました。

そんな状況を我が家に教えてくれたボランティアさん。

腫瘍もあるし高齢だし。ただ、1匹で死んでいくよりは

家族として看取ってあげたいと思い、すぐに保健所から迎えました。

かかりつけの動物病院に連れて行き、腫瘍を全部とる手術を受けさせると、

すべて良性。看取るどころか、超元気になっています。

性格も温厚で、他の犬ともすぐになじみ(むしろリーダー格です)

他の先住犬よりもよっぽど飼いやすい子です。

唯一、耳がまったく聞こえないですが、まったく不自由ありません。

我が家に来て2年が経過しましたが、毎日幸せそうに暮らしています。

この写真は、気温がめっきり下がって、犬同士で固まって暖をとっているところ。

 

11-09-27_001.jpg

 

我が家に関してですが、先住犬のいちご君(亡くなってしまいました)

とミルクちゃんはペットショップで買ってきた子です。

赤ちゃんから育てていますが、超わがままでどうしようも無いです。

それに比べて保健所から来た小麦ちゃん率いる3匹は、超いい子です。

既に犬をお飼い、もしくは新築を機会に犬を迎えようという方、

ぜひ保護犬をご検討してみてはいかがでしょうか?

 

次回、藤井家に新展開!!お楽しみに。。。

 

巾着田の曼珠紗華

2011.09.28

ホコリをかぶっていたコーヒーメーカーが、今年も活躍を始めました。

 

ついコーヒーを飲みすぎてしまう、円山です。

 

普段の休日、何もする気が起きず

 

ソファに貼り付いてしまったように過ごす最近、

 

先週乗った電車の中吊り広告で

 

埼玉県日高市巾着田の曼珠紗華公園の写真を見て

 

出掛けてきました。(というわけで、ブログ1日遅れてしまいました)

 

子供の頃、祖母から「彼岸花は1輪1輪が亡くなった仏様。

 

絶対に折ったり摘んではいけない」と教えられ

 

私にとって、怖くて不思議な花なのです。

 

 

2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の方が訪れているので、渋滞もじっとがまんで片道4時間。

 

電車で見た広告の通り、真っ赤な絨毯でした!

 

 

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

公園は河原に面していて、みなさんお弁当を広げて楽しそう。

 

"こんにゃくだんご"初めて食べました。

 

3.jpg

 

 

久々に!

2011.09.25

久々に行ってきました。鎌倉に!!

何度かこのブログでも載せましたが、今回も、鎌倉をフラフラしてきました。

 

天気がいい日に行く、鎌倉って良いですよね。

 

 

2011-09-04 15.44.59.jpg

       

 

                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011-09-04 16.00.00.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、最近なかなか行かなくなった、THE鎌倉の有名どころを廻って来ました。

大仏を見に来たのなんて、何年ぶり??

久々に来たので、30円を払って、内部の見学までしてしまいました。

 

 

 

original.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼を食べたのは、小町通りにある「コアンドル」

ホテルオークラのレシピを忠実に作っているビーフシチューを頂きました。

 

 

 

2011-03-21 13.07.00.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには、鎌倉散策も楽しいもんですよね。

 

 

 

・・・・カブリもの??

2011.09.24

先日、横浜の某デパートで行なっていた「ウル〇ラマンショー」を覗き見て、 ・・・ウル〇ラマンや仮面〇イダーなどの「カブリもの」ヒーローを、何歳くらいまで信じていたんだっけな・・・・と少々感傷的になってしまった、 アラフォー間近ですっかり童心を無くしてしまった、建設部のオオダテです。

 

ところで、当社の建築工事においても「カブリもの」がございます。

 

CIMG5715.JPG建物の上棟後は、構造体を雨などから守るため、ブルーシートの養生をカブセます。

お引渡し後も、木材は湿度などにより収縮をくり返すことから、「木は生き物なのです・・・」とご説明をさせて頂いております。

建築中から養生をカブセて大事にしてあげると、木も長生きしてくれるでしょうか・・・?

 

 

 

・・・・そして、茅ヶ崎の某デパートでも気になる「カブリもの」が・・・

  

         Image690.jpg

 

ほろ酔い気分で訪れた某デパート。 

 

某デパート在住(?)の ややロンゲ気味の国籍不明(?)なマネキン君。 

 

 

・・・・なんとなく、髪型がおかしく思い、ついつい・・・・・・。

 

 

 

 

Image689.jpg・・・・・う~ん、やっぱり「カブリもの」だった・・。

 

・・・そして、この「カブリもの」がどうなったかと言うと・・・・

 

・・・・やはり童心を忘れてしまった、ほろ酔い気分な友人のアラフォー男性にカブセたら、ややロンゲの韓国俳優の様に変身しました。

 

そして、記念写真をパチリ。(お見せ出来ないのが残念ですが・・・)

・・・そして、一目散に退散・・・してきました。

 

 

 

 

110924_063640.jpg  

  

 

そして我家でも、「カブリもの」らしき物が・・・。

 

 

 

 

 

110924_064630.jpgやはり犯人は・・・。

 

ようやく涼しくなり始めたので、自分でシーツなどをカブッて、 ヌクヌクと眠っていました。

 

彼女にはまだ童心が残っているのかな・・・・?

日帰り京都

2011.09.21

せめて日本の世界遺産観光くらいは全部言ってみたいと思っている河口です。

以前は京都に行くなら泊まりでないと無理と思い込んでいましたが、

今や京都は日帰りでもかなり楽しめます。

 

朝9時過ぎに家を出ると、昼頃京都について まず有名な宇治平等院鳳凰堂hoohdo4.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり知られていないけど・・静かな世界遺産 宇治上神社

宇治上.gif

そのあと祇園をぷらぷらして 大好きなひろみのコンサートを見て最終新幹線で帰ると

深夜1時には家に到着します。

仙台 新潟 大阪くらいまでは 日帰りも余裕と考えていますが・・・・

やっぱり泊まりの方が満喫できますね。。。

 

インテリアのマストアイテム?

2011.09.19

この秋冬にはヨン様巻をやってみようかな?(笑)と

思っている藤間です。

 

さて、ご新築された皆様

カーテンも取付けて、家具も入って、完了!かもしれませんが

白い壁面(何色の壁面でもよいですが)に

グリーンはとても映えます。

枝ぶりがよいものはとても素敵です。

平塚のこちらのショップは地植えの植物から、観葉植物まで

いろいろありますよ~

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

くらびとの1Fにあるウンベラータは一時、瀕死の状態にありましたが

木村植物園の工藤さんが甦らせてくれたので

クドウクンと名付けております。

その後クドウクンはぐんぐん伸びたので一部カットして、

植物好きの母に託してみたところ

15cmくらいだったのが、今ではこんなに大きくなりました。

ジャングル状態で、グリーンが映えてませんが・・・。

 

一番背の高いのがインテリアのマストアイテム?ウンベラータ

クドウラータチャンです。

 

 

ウンベラータ 002.jpg

落水荘 vol.1

2011.09.17

田端です。

『20世紀を代表する住宅建築は?』

そんな質問に出合ったとしたら・・・私は恐らく、十中八九、いや間違いなく、この2邸を選びます

 

フランスとアメリカにある二つの住宅。

いうなれば、大西洋を挟んだ近代住宅建築の東西両横綱です。

 

IMGP0446.jpg東の横綱は、フランス・パリ郊外。1931年建築 ル・コルビジェ設計の【サヴォア邸】

 

 

 

 

そしてアメリカ代表、西の横綱は、1935年建築。 ピッツバーグ郊外。 フランク・ロイド・ライト設計の【カフマン邸】

私はデザインも設計思想も全く異なる、この2邸が大好きです。

 

以前ご紹介した【サヴォア邸】に続いて、今回は【カフマン邸】見学記。

 

 

 

 

未明にピッツバーグを出発して、カフマン邸(別名・落水荘)に到着したのは昼近くでした。

 

 

115-1555_IMG.JPG前日から降り続いた雨の影響で、カフマン邸は落水というより瀑布の上に、あまりにも有名なこの姿で私を迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

施主のカフマンは、ピッツバーグで百貨店王と呼ばれた富豪でした。

 ライトはカフマン家が所有する、自然豊かな渓谷一帯の広大な敷地に、一家のための週末住宅の設計を依頼されました。

 

 

 

実は以前から疑問に思っていたことがありました。

なぜライトは滝の上を敷地に選んだのだろう・・・?

 

普通なら私がカメラを構えて立っているこの場所を敷地に選び、滝と渓谷を眺める週末住宅を計画するはずです。

 しかし長年抱いてきた疑問は、実際にこの場所に立った瞬間に氷解しました。

 

 

建築家ライトは、最初から「見せる建築」を狙っていたんですね。

 

115-1559_IMG.jpg周囲の自然を含めて20世紀を代表する建築写真にするために、渓谷の上に落水荘を設計した天才ライト。  

その計算と、したたかさに脱帽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無機的なコルビジェのモダニズムに対して、ライトは一貫して、大地に根を生やしたような「有機的建築」を標榜していました。

落水荘は彼が目指していた「有機的建築」の集大成でした。

 

115-1548_IMG.JPG渓谷をまたぎ幾重にも重なった、鳥の羽根を想わせる軽快なテラスの水平線と・・・

 

 

 

 

 

114-1448_IMG.JPG石積みの壁の力強い垂直線が織りなすコントラストは、渓谷の自然と見事に調和していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもご紹介したいアングルは沢山あるのですが、どうやら落水荘の素晴らしさを1回でお届けすることは不可能なようです。

 

次回も引き続き、落水荘の内部とディテールの見学記です。 お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

「土地編ビフォー・アフター」

2011.09.15

実は今年の春先に平塚市四之宮で土地を仕入れ

開発行為を行っていました。

 

ここで造成工事が完成しましたので開発地のビ

フォー・アフターを紹介いたします。

 

一定の面積を超える土地区画形質の変更は開発

行為に該当するのですが、境界の確定から始まり

役所との協議、許可申請、造成工事、役所検査な

どいくつものステップを踏み完成宅地となります。

完成した建物に比べ少し地味ですが工事前と完成

した宅地をご覧ください。

 

 

四之宮工事前.jpgのサムネール画像

工事前の畑の状態です。(ビフォー)

          

         

 

 

 

 

 

 

開発地枡.jpgのサムネール画像

開発地内の道路に設置する桝の一部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四之宮全景.JPGのサムネール画像

 

完成した宅地(アフター)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間約半年を要しました。

 

なお、現在販売中です。

 

 

ステキなプレゼント♪

2011.09.13

くらびと小柳です。

 

先月、現場見学会をやらせて頂き、無事お引き渡し

させて頂いた、伊勢原市M様より

とっても素敵なプレゼントを頂きました。

M様お手製のストールです!

しかも、図々しく2枚も頂いてしまいました!!

 

 

 

画像 036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

早速、巻き方の研究!

撮影:藤間 モデル:小柳(お見苦しくてスミマセン)

 

 

 

画像 025.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはおなじみ、ヨン様巻き。

インターネットに巻き方が載っていました!

 

そして、ストールをくるくるねじって...

 

 

画像 028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

...中尾巻きです!!

(タレントの中尾彬が巻いてるヤツですね)

 

 

 

画像 030.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やはりさらっといつもM様が素敵にはおられていたように

肩に掛けるのが素敵です。

 

 

 

画像 035.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M様、素敵なプレゼントをありがとうございました!

 

そして、ブログネタにまでさせて頂き、今月は安泰♪です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Musee du petit prince

2011.09.11

こんにちは。総務部の簑島です。

先月、子供の夏休みに箱根の「星の王子様ミュージアム」に行ってきました。

以前より、テレビで見ておしゃれな感じで行ってみたいな、という気持ちはあったのですが、「星の王子様」のお話も知らずに行ってもなぁ、と思い、夏休み前に図書館にて児童用の文庫本を借りてきて、子供に読み聞かせて子供にも興味を持ってもらい、今回の訪問になったわけでした。

途中から雨が降ってしまいあいにくのお天気となりましたが、敷地内はまさに、プティ・フランスで、綺麗なヨーロピアンガーデンが素敵なところでした。ブログ用 022.jpgミュージアムの中では、作者のサン・テグジュペリについても、とても詳しく紹介されていて、お話の背景にある事柄など知ることができ、本に対する解釈ももう少し深いものになりました。

ブログ用 007.jpgのサムネール画像本の内容自体は小さな子供向けというよりは、子供だったことを忘れてしまっている、大人が読むと、心に響いてくる言葉がいくつもあります。大人になるにつれて忘れてしまった大切なことを少し思い出すことができるようです。

「おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)」

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目にみえないんだよ」

などなど。。。

機会がありましたら、是非1度訪れていただきたいと思います。

因みに敷地内にあるフレンチレストランでのお食事もとても美味しくって、お勧めです(o^^o)

一人でできました

2011.09.09

総務部の町田です。

実は私、つい1週間ほど前まで自宅にテレビが有りませんでした

厳密にいうと"テレビは有るけれど、繋いでいなかった"のです

というのも、来るべきアナログ放送終了の日を迎えるにあたり

今年の春、最新モデルのAQUOSを買っていたのですが...

いざ接続しようと壁についているテレビのアンテナコンセントを

~く見てみたら...これがなんとも古めかしい!

見たこともない形をしています

antena1.JPG 

これでは肝心な接続方法が、さっぱり分かりません

ネットで調べても、こんな形のコンセントは見つからず

途方に暮れていました。その間、およそ3カ月。(長すぎ?!)

ただのインテリアと化した、可愛そうなAQUOSちゃん...

このままでは、せっかく買ったテレビを無駄にしてしまう!と、

ようやく重い腰を上げ近所の家電量販店へGO

↓そこで見つけたのがこれです

antena4.jpg 

アンテナコンセントをプレートごと交換するためのセット。

こんなものが売っていたなんて...と、衝撃を受けつつも早速購入。

家に帰り、おそるおそるコンセントプレートを外してみると

黒い同軸アンテナが、壁の中からペロッと顔を出しました。

はじめはおっかなびっくりでしたが、やってみたら意外に簡単。

なぁんだ。こんなことなら、もっと早くやればよかったなぁ...

などと思いながらも、アッと言う間に完成です。

antena3.JPGのサムネール画像 

そしてこれが、購入から約3カ月後にようやく日の目を見た

我が家のAQUOSです...映ったぁ!(;;)

terebi.JPG 

LO SPAZIO

2011.09.07

総務部 大坪です。

 

今回の記事も先日行ってきたカフェの紹介をしようと思います。

 

場所は学芸大学、徒歩2・3分の商店街の中にある

 

本場 北イタリアのバール(BAR)をそのまま再現したお店。


名前は題名の通り LO SPAZIO ロ・スパッチオ です。

 

こちらのお店は アットホームな雰囲気とコーヒーと料理に定評のあるカフェです。

 

常連さんはバールと呼ばれるカウンターでコーヒーやアルコールを立ち飲みしていて楽しそうにしています。

 

店内と外観はこのような感じです。

 

外観.JPG

 

店内.JPG

 

 

 

 

 

今回私が頼んだのは

 

夕食を済ませた後の〆でこのお店に入ったので

 

シェケラートというエスプレッソをシェイカーにかけたアイスエスプレッソ

 

と すもものジェラートです。

 

シェケラート・ジェラート.jpg

 

また、このお店では ラテ・アートも楽しめたり、

 

食事もかなり評判みたいです。

 

皆様も一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

カプチーノ.JPGパスタ.JPG

 

 

 

 

 

 

願いかなわなくとも、満喫

2011.09.05

近年奥さんの趣味に相乗りして、
夏限定で体験ダイビングに挑んでいる神場です。

今年は日本最西端の与那国島にある『海底遺跡』
私がどうしても行ってみたかったダイビングスポットです。

海底遺跡







さて、この海底遺跡、正確には海底地形と呼ばれており、
写真のように、人工的に加工されたとも考えられる巨石群からなるものです。

この巨石郡を一度見てみたく訪れたのですが
時期悪く、夏場は海流が激しくよほどの上級者でないと
もぐることを許可されないとのコトでした。

しかも滞在した期間は、本当に波も強い日々で
船で見学も出来るグラスボートに乗っていた方々は、
あまりの揺れのため、船中で船酔いしてしまう方が続出。
ダイビングショップの方々から『OK!』の声は出ませんでした。

仕方なく、海底遺跡以外のダイビングを楽しむことにしました。
あ、そういうわけで、上の写真は私の撮影ではありません。(笑)

では、ここからは多少お見苦しいところがあるかもしれませんが
何点かの現地写真を掲載させていただきます。

P8170051.JPG
現地スポットのひとつ『青の洞窟』
ちょっとした洞窟の入り口から眺める景色が
ダイバーの心を留めるスポットです。






P8170072.JPGきれいな魚ですねぇ
な、名前忘れてしまいました。(汗)








P8170078.JPG
ショウガサンゴ
たまたまきれいに取れました。

実は、水中での撮影は初めてです...(笑)





と、まあ海中の景色はこのくらいにして
与那国島には、このほかにもちょっとした観光スポットがありますので、
そちらの写真も少し掲載します。


DrKotoh実在する医師のエピソードをドラマ化した
『Drコトー診療所』の『志木那島診療所』ロケセット
ドラマ中でのあの古びた作りはすべて
番組制作の美術、大道具さん達の細部までの
こだわりで出来ているコトを知らされました。
壁のシミや、柱の傷一つ一つがすべて手作りでした。





夕日
日本最西端の地で見る夕日です。
左側には台湾島がかすんで見えていました。








yashigani
現地では高価な食材のヤシガニ君です。
ちょっとした山奥にあるクバ餅体験工房にて遭遇しました。
手に持ってつかんでみましたが、
さすがにそのハサミでヤシの実を割るだけあります。
ものすごい力で逃げられそうでした。




さて、目的は達成できませんでしたが、
与那国を満喫し、帰りの飛行機では、美しい西表島の景色を眺めることが出来ました。

iriomote
海の碧さと緑あふれる山林です







これらの写真を繰り返し見るたびに
今回、トライできなかった海底遺跡に潜るためにも
また行きたいなぁ。と思えてなりません。

自己流循環シリーズ ~水編~

2011.09.03

今年は「局地的な大雨」「ゲリラ豪雨」が例年になく多い気がします。

一般的に「雨」はうっとうしい存在かもしれません。

「家造り」においても工期が遅延する等マイナス要因ではありますが、「水」は必要不可欠な資源である事も事実です。

家庭菜園をやっていると特に夏場は大量の水が必要です。

今年のテーマの一つが「雨水有効利用」です。

 

量販店で売っている「ゴミ用のボックス」を貯水タンクとして、屋根から下りてくる雨水管から水を引き込みました。

(雨水管に施す作業は業者様にお願いして、ホースや固定ネジは自分で購入して設置しました=完成日H23.5.14。「雨水タンク」なるものが販売されていますが、かなり高価なようです。)

 

貯水部分.JPG実は 昨年よりこの「雨水タンク」を複数設置してありますが「雨の降る日に蓋を開ける」方式での貯水の為、思うように水が溜まりませんでした。現在はちょっとした雨で自動的にタンクは一杯になります。普段は蓋をする為、虫が繁殖したり臭ったりする事もありません。

 

貯水全体.JPGとはいえ基本は手作業です。雨の降る日にタンクの蓋を開けホースの出し入れを手動で行い、散水の時は桶で「ジョウロ」に水を移します。

面倒ではありますが、今年に入ってから菜園に「水道水」を利用した事はありません。

 

「水をストックする事」は 防災対策としても有効だと思っています。

「水道水」といえども浄水過程等に多くの電力を使用するとの事。ひとつ「節電」に協力できたかな!

 

PS=当初は見栄えにこだわり「長方形」のちょっとオシャレなボックスを購入したのですが・・水圧に耐え切れず見事に破損!買い直して結局円筒形のタンクに集約されました。この手の「想定外」な出費が以外に多い事に頭を悩ます 最近の東海林でした。

藤井の犬ブログ

2011.09.01

くらびと藤井です。

昨日の休日をフルに利用して

燻製タマゴ&鳥のジャーキーを作ることにしました。

まずは燻製器を制作。

段ボールをガムテープでつなぎ合わせて

底が無い囲いとフタを作ります。

そして、鉄網をセッティングできるように

割り箸で引っかかりを作って完成。

 

110823_171415.jpg

 

タマゴとチーズ、下段には鳥の胸肉が丸ごとあります。

準備ができたら、さくらのチップに着火して煙を出します。

 

110823_172059.jpg

 

ウッドデッキで煙りの出具合を見守る私と

期待のまなざしで見つめるワンコ達。

 

総制作時間、8時間。

夕食の食卓にくんたまと犬用鳥ジャーキーが並びました。

11-09-01_001.jpg

 

 

唯一の失敗は、チーズが熱で溶けて

跡形もなくなっていた事です。

(材料費で一番高価だったのに・・・)

犬の気を引くために

試行錯誤の毎日の藤井でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←2011年8月のアーカイブ

2011年10月のアーカイブ→

HOME | BACK