2012年2月のアーカイブ

感じる視線・・・

2012.02.28

お打合せが終わり、席に着くと

誰かに見られているような・・・

小田原のM様の現場で奥様が連れてきた以来のこびとが!

 

2011.9.24森邸 002.jpg

こびと 006.jpg

 

連れてきたのは廣木監督のようです。

毎日のぞき込んでいる藤間です。

 

 

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

はじめまして

2012.02.25

はじめまして

2月に新進建設株式会社に入社いたしました 

露木 弘二 と申します。

担当は設計です。

年齢は37歳になります。

社会人なって現場監督の職や、営業、設計と今まで

一貫して建築の仕事に携わって参りました。

が‥入社して毎日が新しいことばかりでキャリアはまた別の話で

新人の気持ちを持って毎日を過ごしています。

 

ブログを読んでくださる皆様や

HPにアクセスしていただいた皆様と、弊社 アトリエ くらびと や

現場見学会などでお会い出来る事を楽しみにしたいと思います。

そして、なによりも皆様の家造りのお手伝いをさせていただければ幸いです。

 

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

名称未設定 2のコピー.jpg

 

 

桜餅の季節です

2012.02.22

何年かぶりに、お正月にお花を生けたら、なんとまだ元気!

 

冷蔵庫のような環境が良いのか?

 

捨てるのもしのびなく、2月も後半なのに未だに松と千両...、季節感のない円山です。

 

そろそろ3月だからと、

 

何年かぶりに、大事な雛人形を押し入れから出して、春の気分?

 

10年以上前に大好きな京都で買った、小さなおひなさまです。

 

 

 

CIMG1781.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雛あられを買いに行ったのに、途中の伊勢屋(小田原の和菓子屋さんです)さんの

 

お団子(いつもは売り切れ)と桜餅(道明寺派です)を買ったら、

 

すっかり雛あられを忘れて帰宅。

 

 

↓ 雛あられを忘れてしまった、桜餅とお団子。豆大福も美味しいんです!

 

 

 

 

CIMG1779.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1780.JPG

 

 

藤井の犬ブログ

2012.02.19

くらびと藤井です。

前々回のブログでは12月に妻が入院した話題、

前回のブログでは1月2日にメイプルちゃんが

ガラスで顔を切って緊急手術した話題をお送りしました。

これで終わってくれるかと思ったら、災難は続いてしまいました。

まずは、我が家の12匹のダックスのうち、唯一ペットショップで買った

10歳のミルクちゃん。

 

120217_123701.jpg

 

急に元気が無くなりぐったりしていたので

すぐにみかん動物病院に連れていくと、

胆のうが詰まって肝臓が炎症を起こしている。

薬で症状を抑えつつ、すぐに手術が必要とのことで、

1週間ほど入院して胆のう切除手術を受けました。

さらに不幸は続き、保健所から我が家に来た

こむぎちゃんが急にまっすぐ歩けなくなり、

蛇行・転倒を繰り返したのですぐに病院へ・・・

脳出血の可能性もあったのですが、

脳圧を下げる点滴の結果、症状が落ち着きました。

どうやら老犬によくある三半規管の病気のようです。

 

 

120220_020637.jpg

その後、普通の生活ができるくらいには回復しました。

妻が入院したのが秦野の日赤病院、

犬の病院が新進建設の前を通り過ぎて数分。

休みの日まで秦野に通い続けています。

 

さて、藤井家は大家族なので、

それぞれのプライバシーが問題になってきます。

そこで個室を用意しました。

 

120217_123653.jpg

クマ・ひよこ・ウサギ。

 

120210_115338.jpg

器用にマクラを持ってきて併せ技です。

同シリーズに、カエルとブタも売っていたので、

飽きずに入居率が下がらなければ

お給料日に追加購入してあげようかと思っています。

 

 

話は変わってうれしい報告。

以前ブログでご紹介した、どうしても助けたかったMIXのワンコ「牢名主くん」。

http://shinshin-kurabito.com/staff/2011/10/post-142.html

↑(牢名主くんとの経緯はこちらにて。)↑

逗子で保護活動をしている保護団体さんのKDPさんにお願いし保健所の殺処分を

逃れてお山で暮らしていたのですが、この度里親さんが見つかったそうです。

http://blogs.yahoo.co.jp/vahanasbarsight/8033475.html

牢名主くん、岐阜のやさしい家族の元に行くことができました。

トレードで我が家に来たゆず君も喜んでおります。

 

111021_111546.jpg

数ヶ月間、気がかりだったので、ほっと一息。

牢名主くん、第2の人生楽しんでね。

 

以上、建築には一切触れていない藤井のブログでした。

 

 

 

 

 

 

「その後の石巻」

2012.02.16

不動産部の井上です。

 

先日、2月の第2週に震災から約11カ月たつ

宮城県石巻に行ってきました。

報道などによる私個人の認識としては少しづつ

復興が進展している認識で石巻に伺いました。

しかし、実際は復興という段階より津波被害

により生じた瓦礫の収集がある程度進んでいる

 

石巻①.JPG   

(市内の瓦礫集積場所の一部で

    正面に見えるのが全て瓦礫。

瓦礫上部にアームがみえるのは重機。)

 

 

 

 

だけで再び「興す」という段階にはまだ手付か

ずの状態であったように感じました。

 

石巻②.JPG

 

 

(市内の一部を高台よりみたものです。)

 

 

 

 

 

 

私も、10数年前までは関連会社であった雄勝

天然スレートの絡みもあり数回程こちらの方に

行っておりましたので当時の多少の記憶はあり

ましたが残っているのは写真にあるシュロの木

だけでした。

 

石巻③.JPG

 

 

(雄勝天然スレート本社の以前の写真)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石巻④.JPG 

 

 

(被災後の状況。傾いたシュロの木)

 

 

 

 

 

 

今回の訪問で報道の情報だけではない現地の方の話

や自分が認識していた以上の被害状況を目の当たり

にし、あらためて今回の災害の甚大さを痛感し、今

後も継続した一層の支援が必要なんだと思いました。

 

 

石巻⑤.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所によってはまだこのような状況が残っていました。

(社長とかぶっていたのに気付いたのは書いてからで

した。)

 

 

 

 

瓦 礫

2012.02.14

東日本大震災における最大の被災地、宮城県石巻へ行ってきました。

 

街が一瞬にして消滅した跡地には、虚無な空間に点在する瓦礫の山が冬の弱い日差しに照らしだされていました。

 

 

gareki.jpg重機クレーンと比較すると、瓦礫の山の巨大さがわかります。このような山が石巻市街にいくつもありました。

 

 

 

 

 

 

「復興支援」が叫ばれています。

ボランティアや義援金も重要です。

 

しかし瓦礫の撤去こそが、被災地の再生と復興の第一歩であることを痛感しました。

全国規模で「受け入れる」ための議論と知恵が必要でしょう。

 

 

頭の中から瓦礫の映像が離れない田端でした。

 

 

 

 

余談

横浜の山下公園が、関東大震災で倒壊したレンガ造建築の瓦礫を埋め立てて造られたことは、よく知られています。

明治維新以降、西洋化の象徴であったレンガ組積造の建物は、関東大震災以後その姿を消し、大規模建築の構造は鉄筋コンクリート造が主流になりました。

 

王様のガレット!

2012.02.10

現在、横浜市青葉区でケーキ屋さんを頑張って作っている氏居です。

今月末のオープンに向けて、着々と工事が進んでいます。

 

新年開けて一番の打合せの際に、御土産を頂きました。

実は、その日が私の誕生日だった事もあり、ケーキを頂き、ビックリしました。

 

 

2012-01-12 21.04.01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキと王冠!

そのケーキにはこんなメッセージが

 

 

2012-01-12 21.06.47.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふむふむ!フェーブが入った御菓子を食べた人が、王又は王妃に!!

 

 

2012-01-12 21.07.15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

妻と10カ月の子供と3人の我が家では、さすがにその日にはフェーブは、現れず・・・

 

翌日、私が食べたその中にフェーブが・・・・・

ありましたぁ→

 

 

ですが、王にはなれず・・・・

我が家は、王子がわんぱくに育っています。

 

 

 

 

・・・・・床ダンボう・・??

2012.02.08

・・・・寒いっっっ!!

 

・・・今年の冬は特に寒いっっ!・・・・・それでも以前宣言した様に、「モモヒキ」を履かずにヤセ我慢を続けている、寒がり痩せ型体型の建設部のオオダテです。

 

・・・・・それでも寒いものは寒いっ・・・・ので、今年は就寝時も暖房エアコンをつけっぱなしですが、やはり乾燥がひどくて体には良くないようですね・・・・。

 

CIMG7291.JPG 

 電気式の床暖房の施工中の現場。

 大掛かりな下地調整も不要な、薄型シートタイプをオススメしています。 

 

 床暖房は、体にも環境にもやさしく、足元からゆっくりと心地よく温まるので、今年の様な冬には特にオススメです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

120207_055716.jpg 

寒くなるとひざの上に飛び乗ってきて、なかなかどいてくれない、我家の猫。

(・・・・珍しく、この時だけは大人しくしてくれています・・・) 

 

床暖房のない我家では、猫にとっては「ひざの上」が、床暖房の代わりになるようです。

 

 

・・・・あらためて後ろから、じっと「三毛柄」を見ていると、ふと・・・・・・??

 

 

 

 

 

 

120207_063056.jpg 

 

 

・・・・・「目」を貼り付けて、こんなイタズラを・・・・・。 

 

 

 

・・・・なんだかあまり可愛げのない、違う生き物が・・・・。

 

暖房ならぬ、「ダンボ」に変身????

 

 

 

バニちゃん

2012.02.04

昨年末、我が家に新しい家族ができました(o^^o)

名前は簑島 バニラちゃん、家族はバニちゃんと呼んでいます。

ブログ用 036.jpgのサムネール画像

 

ごらんの通り、真白なネザーランドドワーフという種類で、大人になってもあまり大きくならないウサギちゃんです。

私的には動物を飼うのはイマイチのり気ではなかったのですが、一人っ子の娘がお世話は自分でするから、どーしても、ということで昨年のクリスマス時期に我が家にやって来たのでした。

 

 

実際、バニちゃんを飼い始めてから、家族の間で笑顔が増えたような気がします。動物の癒しの力ってすごいなぁと実感しています。

 ちょっと、食いしん坊で甘えん坊なバニちゃん。ブログ用 034.jpg

ご飯がほしい時、遊んでほしい時にはケージのすきまから、ぎゅう~っとお鼻を出してきます。

お顔の形が変わっちゃうよ~ ^^;

私の必需品!

2012.02.01

今日は、冬の時期に大活躍の 私のお気に入りアイテムを

ご紹介したいと思います。

 

私は、築20数年の木造アパートに住んでいるのですが

この時期、一日留守にしていた部屋は まるで冷蔵庫のように

キンキンに冷えきってしまうんです。

 

帰宅直後は どの部屋も寒いのですが、特に冷えているのが

キッチン&ダイニングです。

 

食事の支度や後片付けの時に、ほんの数分立っているだけでも

私の足、無事?凍っちゃうんじゃない?...と思うほどです(笑)

 

そんな時、私を助けてくれるのがモコモコのルームシューズ

センスには少々問題アリですが、そこはなにとぞご勘弁を(笑)

 

スリッパ.JPG

内側がボアになっていて、とっても温かいんです。

台所仕事の強い味方です。

 

食事が済んだら、おコタでぬくぬくしながらテレビを見たり

本を読んだりと、しばし休憩。一番くつろげる時間です。

 

そろそろ寝ようかなぁ...と思ったら入浴。

お肌の水分補給をすませたら、体が温まっているうちに

これを履いて、足の冷えを予防。

 

靴下.JPG

肌触りが良くて、温かいのですが、それだけじゃないんです。

実は、この靴下は着圧タイプで、立ち仕事などで浮腫んだ足にも

とっても優しい、なかなかのスグレモノ。

冷え症で、むくみやすい私には無くてはならない存在です。

 

そして最後に、もう一つ!...うん?これはもしや?

 

手袋.JPG

もうお気づきですね?何を隠そう、この手袋...

見学会にお越しいただいたお客様に お渡ししているものです。

 

お布団に入る前に、たっぷりとハンドクリームを塗って

この手袋をします。

翌朝、手袋をはずしてみると...あら不思議!!

あのガサガサおてては一体どこへいったの?と思うほど

しっとりすべすべです。

 

お客様のなかに、『この手袋、どう使おうかしら?』と

お悩みの方がいらしたら、ぜひ一度試してみてください。

 

以上、総務部 町田の冬の必須アイテムでした