2012年5月のアーカイブ

文具の話

2012.05.29

こんにちは

くらびと 露木です。

先日、お客様との打ち合わせの中で

「露木さんって文房具好きでしょ?」と突然言われ

少しドキッとしてしまいました。

 

そうなのです。

 

ワタクシ、面白い文具や文房具には目が無く

いろいろ見て、手に取るのが好きなのです。

図面を描く際に鉛筆やシャープペンを使用しますが

もっと線を描くのが上手になったら使いたいなぁと思う文房具があります。

「コヒノール」という東欧チェコで200年以上もの歴史を持った

ステーショナリーブランドの鉛筆なのですが

鉛筆といっても芯が6mmもあるクレヨンのような鉛筆です。

学生時代、シャープな線を描くことに没頭していた時に

描いた図面に修正を加えてくれた先生が取り出したのがこの「コヒノール」でした。

一見すると製図には使えないような、ずんぐりした形の鉛筆から描く線がとても味わいがあり

その線を見るだけでも楽しくなるような感じがした事を思い出します。

 

CADは便利なんですが、やっぱり手描きの図面は良いものだなと

仕事を通じて学生時代のことを思い出し

いつかはこの鉛筆で線を描けるようになれたら良いなと思う今日この頃です。

 

 

2445932.jpg

くすり

2012.05.25

この前いつ病院に行ったか?何年も前だったか?

 

忘れてしまうくらい、健康自慢の円山です。

 

そのはずが、数日咳がとまらず、市販の薬もまったく効かないので 

 

「エイッ」と一大決心して病院へ。

 

そして「風邪でしょう」という先生の診断で、処方箋をもらい薬局へ。

 

なんと5種類のくすりと

 

 

CIMG2014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

おくすり手帳をもらいました。(せめてかわいい表紙をセレクト)

 

 

 

CIMG2015.JPG

 

 

 

 

 

 

 

せきを鎮める薬、のどの炎症を抑える薬、痰を防ぐ薬、

 

感染症を治療する薬、熱と頭痛に効く薬。

 

普通の量なんですか?

 

何をいつ何錠...と説明を受けたのに、毎回説明書を見ながら頑張って飲んでます。

 

病院に行ったら、病人になった気分です...が、まだ咳治りません。

 

 

 

 

 

藤井の犬ブログ

2012.05.22

くらびと藤井です。

13匹目の我が家の犬、ビーグル君。
120524_103745.jpg

彼はとっても温厚で吠える事もほとんど無く、
捨てられる意味が解らない、いい子ちゃんです。

ただ、不思議な習性を発見しました。

水を飲まないで、お茶を要求するんです。
無視してるとお茶の入れ物を手で倒すので
やむを得ずあげています。

いつもこんな感じ。。。
12-05-07_001.jpg

 

うちに来てからは、一緒に買い物に行ったりお花見に行ったり
新しい生活を満喫しています。

12-03-21_002.jpg

DVC00157.jpg

今月末には、我が家の一大行事である
妻の実家、秋田県での田植え帰省が差し迫っています。
去年の田植えの遠征時は犬が11匹。
sa3a0156.jpg

あれから2匹増えていますので
はたして車に乗り切れるのか不安な今日この頃です。




ブログデビュー

2012.05.19

皆さま初めまして、不動産部に加わりました寺門です。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、今回からブログデビュー・・・・ ブログ?
あれ?ブログって何を書けばいいの? 

う~ん。すみません。とりあえず休日の出来事を公開します。
温かい目で見守ってください。

先日、髪を切りに二子玉川へ行ってきました(私、川崎在住なので)。

二子玉川は再開発の第一期工事が完了し新しい話題のスポットが目白押しです。
CIMG0016 (800x600).jpg

あれ?「いぬたま ねこたま」はどこに行ったの?
と古い記憶をお持ちの方は変わりように愕然とします。




ちなみに「いぬたま ねこたま」はその名の通り犬と猫に触れ合える
いたってシンプルこの上ないテーマパークでしたが私も行ったことありません。
一度くらい行っておけばよかったかな。


CIMG0017 (800x600).jpgのサムネール画像のサムネール画像H&М・ユニクロ・LOFT等、大型店舗も入ってます。

これまで高島屋しかなかったので落ち着いた客層でしたが学生・OLさんも利用しや
すくなりましたね。








せっかくなので話題のプレッツェル専門店「アンティ・アンズ」へ。

CIMG0019 (800x600).jpg
オリジナルプレッツェルとレモネード

サクサク、もちもち・・けど甘くないのね。
おいしいけど子供舌な私はシュガー系のプレッツェルにすべきでした。
開店当時は行列でしたが今は入りやすいです。




これだけの施設ができてるのに再開発はまだ半分、これから映画館、ホテル・オフィスビルまでできるそうです。

田園都市線の平均乗車率が200%を超える日は近いですね。


CIMG0024 (800x598).jpg
多摩川河川敷は昔のままでほっと一安心です。

再開発も大事ですけど自然や昔ながらの良いところを活かした
街づくりを願っています。

「困った時の物件紹介ではありません」

2012.05.16

不動産部の井上です。

さて、話題の乏しい私はいつものごとくブログネタに

泣かされていますが、今回は困った時の物件紹介とは

チョット違います。

という前置きのもとに物件紹介にうつりますが、今回

の物件は築浅の当社人気シリーズでもある「ラ・ミア

カーサ」の中古住宅です。

現所有者様の県外転居による為の販売で、内覧が可能

となるのは少し先になる予定ですが、これをご覧にな

った方に先行でのご紹介となります。

この物件は平成17年築のまだ新しい建物で、とても

綺麗にお使いのお施主様ということもあり、立地や間

取りの合う方には掘り出し物かと思います。

詳しい情報が知りたい方がいらっしゃいましたら私ま

でご一報を。

ちなみに、土地は56坪強で建坪は34坪弱の3SLD

Kで2階がリビングとなっています。

また、高台にあるため眺望・風通しも良好です。

さらに詳しい情報は不動産情報をご覧ください。

①.jpg

 

 

 

 

 

 

②.jpg

仰げば尊し

2012.05.15

一日おきに更新するはずのスタッフブログが、三日も空いてしまいました。

申し訳ありません。犯人の田端です。

 

 

 

若かりし頃、アートスクールを目指し仲間たちと共に時を過ごしたアトリエの閉校が決まりました。

 

鎌倉美術研究所。通称「鎌研」と呼ばれていた鎌倉の小町通りにある小さなアトリエです。

 

sekkou .JPGezeru.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい石膏像たち。

絵具まみれのイーゼル。

 

 

どれを見ても青春の思い出が蘇ってきます。

 

 

 

 

4月の解散会には多くの友人たちが集まりました。

 

satouklun.JPG佐藤君

大手広告代理店でディレクターとして活躍しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P2-satoutei.jpg15年前に稲村ケ崎に建てた彼の自宅は、陶芸アトリエ併用住宅です

設計・工事ともに、私がお手伝いさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kuro.JPG黒沼さん

東京のデザイン事務所・ドゥカンパニーのグラフィックデザイナー。

皆さまにご評価いただいている新進建設の広告は、全て彼女のデザインによるものです。

 

鎌研時代の黒沼さんのデッサンがアトリエに保管されていました。

 

やっぱり昔から上手だな~。

 

 

 

 

 

 

 

sennsei.JPG主宰・瀧本先生

60歳を過ぎたとは思えません。

どうぞこれからもお元気で。

 

先生とアトリエのおかげで、今でも様々な形で助け合える、多くの友人に出会うことが出来ました。

彼らが私の人生の宝物です。

ありがとうございました。

 

和室っていいなぁ~

2012.05.10

ブログのネタが無く、毎回大変な氏居です。

 

今までたくさんのお客様の家を建てさせて頂きましたが、

 

最近和室を造られる方が少なくなっ来ているような気がします。

 

今回は、そんな和室を少しだけ紹介いたします。

 

CIMG1615.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4875.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF7734.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P6290017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔ながらの真壁に長押といった和室は、少なくなってきましたが、

 

和室をモダンに、個性的に作られるお客様が増えてきています。

 

ですが、それが新進建設らしさ?なのかな?

 

 

次はどんな和室が出来上がるのでしょう?

・・・芸術は爆発だ!???

2012.05.08

・・・・先月のエイプリルフールに嘘をつき損なって(??)しまい、今頃になってからコッソリと嘘をつく事になってしまった(??)、建設部のオオダテです。

 

「芸術とは、最も美しい嘘のことである」 

という、フランスの作曲家・ドビュッシーの格言があります。

 

・・・・つまりは、「嘘」も芸術(???)なのです! ・・・たぶん・・・。

・・・・・・・本当は、撮り鉄コーディネーター・小柳さんが使う約束のはずだった「ネタ」を、約束を破ってコッソリ使ってしまうことの「嘘」も、芸術なのです!! ・・・・・たぶん・・・。

 

・・・と、いうわけで(???)、芸術的な嘘を織り交ぜつつ(??)、嘘の様に芸術的な I 様邸の「ドールハウス」を紹介させて頂きます! 

 

 

 

CIMG8635.JPG 

建築工事の時は、それぞれの部屋の床の仕上げ・壁の柄を変えて仕上げた I 様邸の「ドールハウス」4部屋。 

空き部屋だった4部屋に、それぞれ雰囲気の異なった家具を設置して、完成しておりました! 

 

 

CIMG8661.JPGCIMG8642.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8657.JPGCIMG8649.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧下さい!!!   芸術的に細かい細工の施された家具達!

時計の針からポット・カップまで!!  さらには食器の柄や絵皿まで!!! 

それぞれがとても精巧に造られた「芸術品」です! 

 

特に食器類の出来の良さには、本当に驚かされます!

食器に描かれた「柄」や絵皿の「絵」まで、精密に描かれているのです!!

奥様が趣味で少しずつ集めていらっしゃったそうですが、現在は職人さんもほとんど居なくなってしまい、入手困難なのだそうです。 

 

とても夢のある空間に仕上がっていて、感激してしまいました。 

 

 

 

120507_054432.jpg 

 コチラは築4年の「ネコハウス」と、その世帯主。

 

 

 ・・・とうとう大黒柱(?)をボロボロにしてしまいました・・・。

 

 

 

 ・・・・彼女にとっての芸術は、爆発している様です・・・・。

 

 

 

 

  

七沢森林公園

2012.05.04

最近、まつげが抜けると、あ~もったいない(ToT)と悲しくなってしまう簑島です。

バニちゃんのばさばさまつげが羨ましくて仕方がありません。ブログ用 044.jpg

同じ白い毛でも、ちゃんとまつげはまつげらしく目を覆うように生えているので、瞬きをすると、バサバサっとなります。いいな~。

 

GWの始めに、厚木にあります七沢森林公園に行ってきました。

その公園内にある、森のアトリエで娘と一緒に陶芸体験をしてきました。

娘も私もはじめての体験でしたが、指導員のおじさんがとても親切に教えてくれたので、楽しく体験することができました。

 

 

ブログ用 040.jpg 娘の作品 ブログ用 041.jpgのサムネール画像 私の作品

 

後は、アトリエの方が焼いて、色をつけて完成させてくれます。 娘のカップは白い色をつけてもらう予定で、私の小鉢はナマコ色!(黒っぽい中に青みがかっているような渋い色です)

でお願いしてきました。出来上がりは2か月後だそうですが、今からとても楽しみです。

 

陶芸の後は公園内を散策しました。 森林公園という名前の通り、広い森の公園で、結構登り降りがある道なので、運動になりました。 翌日はちょっと筋肉痛になってしまいました。

翌日に筋肉痛になっているなんて、まだまだ若い???なんて。。

山開き

2012.05.01

先週 秦野市堀山下の県立秦野戸川公園に山開き式を見に行ってきました。

秦野丹沢まつりの一環で 丹沢の本格的な登山シーズンの幕開けを祝うため、毎年恒例で行われているのだそうです。

 

戸川公園の多目的広場において 市民グループの皆さんが和太鼓・アルプホルンの演奏や、コーラスを披露。

大勢の市民のみなさんが参加されていました。

 

そのあと、山伏によって清められた山門が開かれ、別々のルートで登った登山隊の皆さんが山頂で合流し、登山者の安全を祈願する『開山の鍵』を交換します。

私は、演奏とコーラスの見学のみで、登山には参加しなかったのですが、表丹沢は年間約40万人もの登山客が訪れる、人気の登山スポットなのだそうです。

登山口までバスが通っていたり、駐車場もあるため、交通の便も良いのだそうです。

 

展望に優れたコースや、緑の美しい木々に囲まれたコースなど、何度通っても満足できるコースが沢山あり、多くの登山客の心をつかんでいるのだとか...

『登山は丹沢に始まり、丹沢に終わる』といわれているのだそうですヨ。

ぜひ一度、登山の爽快さを味わってみたいと思っている、総務部の町田でした。