CATEGORY

LATEST

BACK NUMBER

 

旧スタッフブログはこちらから

←2015年6月のアーカイブ

2015年8月のアーカイブ→

2015年7月のアーカイブ

休日に

2015.07.31

こんにちは
設計部 露木です

会社の休みの日に所用で出かけたときの事。

家から1時間の場所に静岡県富士市が有ります。

行く先までは電車での移動で
東海道線~岳南鉄道というローカル線を乗り継いで行くのですが
どんな電車なのか皆目見当もつきません。

ネットで調べることも出来ますが
どんなものかと現地で確認しようと調べずに出かけましたが...


①.jpg


































②.jpg
































2両で走る電車ですが、通勤・通学にも使われ
夏場はこの車内でジャズコンサートも行わるとの事。

家と家の間をすり抜ける感じで走る電車に揺られながら
休日を過ごした時の話でした。


見ておくべき?

2015.07.29

本は読んだら処分、とっておかない円山です。

でももう2年もリビングに置きっぱなし、捨てられない雑誌が1冊あります。

夏休みが近くなると、急に気になる 

カーサ ブルータス 「死ぬまでに見ておくべき 100の建築」

(他の雑誌なら無視、ですがブルータスは気になるのです)

CIMG0022.JPG































何とも挑戦的?な表紙と題名。

世界各国から、ブルータスセレクトの建物がズラリです。


CIMG0023.JPG



















いくつ行ったことがあるか?

今のところ12/100と悔しい結果で、特に日本の建築物は、なんと全滅です。

桂離宮、ベネッセアートサイト直島へは絶対行ってみたい!

あと88も残っていて、世界中に散らばっている!

死ぬまでに間に合うのかわかりませんが、制覇しないと気が済まない!



サローネ

2015.07.26

田端です。

 

ミラノサローネは毎年開催される世界一の家具とインテリアの見本市です。

 

 

イタリアを中心として、世界中の家具や照明器具、キッチンやサニタリーのメーカーが、新商品をミラノサローネで発表します。

僅か1週間の開催期間中に年間の売り上げの過半を獲得するという、業界の一大イベントです。

 

 

建築家・インテリアデザイナーやバイヤーは勿論、話題のセレブたちが自宅を飾る家具を探すためにサローネに訪れることでも有名です。

 

 

 

■若かりし頃、私が修業させていただいた東京の設計事務所は、イタリアのミラノに留学していたデザイナーたちが帰国して開設した会社でした。

 

 

しかし当時の私は、海外留学はおろか海外旅行さえもしたことがありません。

先輩たちがよく話題にしていたミラノサローネの情報を、私は憧れと焦りを感じながら背中で聞いていました。

 

 

あれから約四半世紀。(だいぶたったなぁ~)

今年の4月、旧友たちと誘い合って初めて憧れのミラノサローネを訪れることが出来ました。

 

 

fiera1.JPG

 

 

まず、会場(ローフィエラ)の規模にびっくりです。

 

総展示面積は東京ビックサイトの約10倍!

 

ユニークなデザインのイタリアンレッドの会場群は、それぞれが空中回廊で結ばれています。

 

fiera2.JPG

fira3.JPG

 

 

■たった1週間の展示にも関わらず、デザインに対する気合の入れ方がスゴイ!

 

新商品の演出のために、建築家・インテリアデザイナー・スタイリスト・照明デザイナーたちが協働して、渾身の展示空間を造り上げていることがわかります。

room1.JPGroom2.JPGroom3.JPG

 

 

 

 

■照明器具の展示会場では、その作品の素晴らしさに足の疲れ(一日で3万歩以上歩きました)を忘れることが出来ました。

 

lit1.JPG

lit2.JPG

lit3.JPG

lit4.JPG

lit5.JPG

 

■サローネ期間中はミラノ市全体がデザインフェスティバルの会場と化していました。

 

 

商業ベースから外れた新進気鋭のデザイナーや若きアーティストの卵たちに対して、ミラノ市が世界遺産クラスの歴史的建築物の数々を展示空間として解放してくれるのです。

 

どうやらイタリアンデザインの層の厚さは、行政の度量の広さが礎にあるようです。

 

 

次回はローフィエラのサローネ会場を離れて、ミラノ市内の賑わいをお伝えいたします。

浦島太郎伝説 「寝覚の床」

2015.07.22

P6280122.JPG

皆さんも良く知っている日本昔話の「浦島太郎」に、竜宮城から帰ってきた後の伝説が残っている場所があるのをご存じですか?

そこは長野県木曽郡上松町にある景勝地「寝覚の床(ねざめのとこ)」と呼ばれている所で、中山道・木曽路で木曽八景として数えられている景勝地の中でも最も迫力満点の場所だそうです。

 

P6280126.JPG

岩盤に見られる水平・垂直方向に出来ている方丈節理(割れ目)やポットホール(岩にあいた穴)は、日本でも学術的に貴重な物として注目されているそうです。又、それぞれの奇岩には獅子岩・釜岩・亀岩・床岩・屏風岩などの名前がつけられています。

P6280124.JPG

ここが「寝覚の床」と呼ばれるようになったかといいますと・・・

 

「浦島太郎が竜宮城から地上に帰ると、周りの風景は変わっており、知人もおらず、旅に出る事にした。

旅の途中、木曽川の風景の美しい里にたどり着き竜宮の美しさを思い出し、乙姫様にもらった玉手箱をここで開けたら玉手箱の中から白煙が出て、白髪の翁になった。浦島太郎には、今までの出来事がまるで夢であったかのように思われ、目が覚めたかの様に思われた。」

 

この事から、この里を「寝覚め」・岩が床の様であった事から「床」と言われ「寝覚の床」と呼ばれる様になったそうです。

 

P6280123.JPG

寝覚の床の巨大な岩の上に、浦島太郎が玉手箱を空けたとされる「浦島堂」がありまして、浦島太郎は毎日寝覚めの床で釣りを楽しんでいたそうです。

自分は、浦島太郎なんて架空の人物だと思ってましたが、ここに来てみたら本当はいたのかなぁと信じてしまいそうな場所でした。

 

この浦島太郎の伝説を信じるか信じないかは、あなた次第です!

 

建設部 廣木でした。

 

 

こんなところに...

2015.07.19

梅雨明けを思わせるような暑い日が続いておりますが体調はいかがですか?
気温の急変について行こうともがいている 建設部の古関です。

先日、知人の書家が書展で大きな賞をいただいたと聞きましたので、
横浜市民ギャラリーまで出かけてきました。

久々の横浜でしたので近くをブラブラし暑さしのぎに入ったのがランドマークタワー。
スカイガーデンで驚きの光景を目にしました。

IMG_0324.JPG


インターコンチネンタルホテルに黒い物体がせまっていきます・・・
ハエですか????

IMG_0330.JPG


窓の外にハエがいるではありませか。
でもここは地上273メートル。ここまで飛んでくるのかな????

驚きの光景でしたがハエに興味を示したのは私だけでした。






平塚 七夕まつり

2015.07.17

平塚に住んでいることもあり、毎年平塚七夕祭りには、子供を連れていく 氏居です。

お祭りって、子供だけでなく、大人も興奮しますよね!

今年は、天候が悪かったですが、それでも3日間で145万人の人で溢れていました。



IMG_2691.jpg



大活躍されている錦織 圭選手も!!


IMG_2692.jpg





IMG_2693.jpg




お祭りってビール片手に屋台で好きな物を買って、食べれる!!

楽しいですよね~!


来年も楽しみにしています。




ヴァニラのお菓子

2015.07.15

日差しがまぶしい季節になりました。
ぐずついた天気が続き太陽が恋しいと思っていましたが
晴れて暑くなったとたんに涼しくならないかなーと
身勝手な事を思ってしまった須貝です。

今回は、ヴァニラという名称で販売しているお菓子屋さんを
紹介したいと思います。
ヴァニラさんは店舗を持たずに、月に2日の自宅販売(夏期はお休み)と
いつもは、JAの野菜直売所、じばさんずで販売しています。

IMG_3672.jpg

ココアのシフォンケーキと卵白を泡立てたメレンゲの焼き菓子です。
メレンゲのお菓子ってあまり好きではなかったのですが
ヴァニラさんのメレンゲはさくっとして甘さ加減が絶品です。

IMG_3674.jpg

冷蔵コーナーではシフォンケーキやプリン、地場もののフルーツを
使ったジャムなどがあり野菜を買いに行ってるのに
ついつい手が伸びて買ってしまいます。
ココアのシフォンケーキはしっとりふわふわです♪

食べ過ぎに注意!!いやいや、甘いものは心のビタミン♪と
言い訳をしながら、慌ただしく毎日が過ぎる中で、
10分でも15分でもほっと出来る、お菓子の時間を
大切にしたいと思っています。





那珂川の鮎

2015.07.12

総務の伊東です。
先日、那珂川の鮎を食べに栃木に行って来ました。
聞いた話ですが、鮎の漁獲高日本一は四万十川ではなく
那珂川らしいです。私も初めて知りました。
 
やな.jpg
私達が行った7月上旬、やなは建設途中でした。
子供達が夏休みに入る7月下旬には完成するみたいです。
 
 鮎づくし.jpg
鮎の塩焼きは当然ですが、お刺身やフライもあります。
また、鮎と共に鰻も捕れるらしく、うな重、白焼き、キモも味わう事が出来ます。
 
今年の鮎は、例年以上に身がふっくらと柔らかい気がしました。
季節の物を現地で味わうのは贅沢ですね!!
 
帰りに立ち寄ったSAでは、今や栃木名物となったれもん牛乳を買い、
れもん牛乳ソフトクリームを食べて帰って来ました。満足!満足!!
 
 

好きなんです

2015.07.10

久しぶりにブログに登場しました、総務部の簑島です。

一昔前に(一昔ってどのくらい?) チェリーコークって飲み物があったのはご存じでしょうか。

コカ・コーラのチェリーフレイバーだったものなんですが。

私の青春時代の思い出の味なんです。18歳の頃、初めての海外渡航で行ったアメリカで出会って、病みつきに。

マクドナルド等のファーストフード店で、これまた大好きなポテトフライと一緒にどれだけ飲んだでしょう。

おかげ様で、びっくりする程Bigになった私は、約1年の滞在の後に帰国し、周囲を驚かせました。

でもやっぱり大好きで、日本で発売された時にはよく買って飲んだんですが、知らぬ間に店頭から消えてしまいました。

つい先日、普段の買い物をしているスーパーで見つけた、ペプシのアメリカンチェリーフレイバー!

linecamera_shareimage_R.jpg

サクランボの季節だから登場したのでしょうか。

またすぐに無くなってはっ、とまとめ買いしてしまったのは言うまでもありません。

大人もハマる?

2015.07.08

最近、スーパーやショッピーングモールなど

いろいろなところで、ガチャポンを目にしますが

子供だけでなく、大人も結構楽しめます。

 

これは、コップのフチ子さん。

もらいものです。

フチ子.jpg

一時期子供たちの間で人気だったこびと。

ちょっと古いですが...

こびと.jpg

サンリオキャラクターのぐでたま。

ぐでたま.jpg

コップのフチのハムスター。

(正式名称は不明です)

ハムふち子.jpg

私の一番のお気に入りは いろんなうさぎさん。

うさぎ.jpg

一つ手に入れると 全種類集めたくなってしまい

ついつい 一度に何個も買ってしまいます。

俗にいう、大人買い。

最近では、外出先で ガチャポンを見つけると

ワクワクしてしまう、総務部の佐々木でした。

我が家のチョコ・ルル・セセ・フィリ

2015.07.05

皆様こんにちは
雨が多い今頃、先日頂いた折り畳み傘を重宝している総務部 王でございます。

本日は我が家のワン子達を紹介しようと思います。
我が家は4匹のワン子がいてトイプードル3匹とヨークシャーテリア1匹です。
20150704164407.jpg
上から
トイプードルのチョコ      10歳  ♂
トイプードルのセセ       7歳  ♀
ヨークシャーテリアのフィリ  14歳  ♂
トイプードルのルル       9歳  ♀

チョコはとてもとても大人しい子で、母のことが大好きです。
20150704165530.jpg
ルルはいつも私のところに来ます。(母はルルのこと大好きですが、私が居るといつも私のところへきてしまいます。)
20150704165433.jpgのサムネール画像
セセはとても抱き心地が良くて、私はいつもセセ抱きたがりますが、なぜかいつも私から逃げて母のところへ行きたがります。
20150704165526.jpgのサムネール画像(貴重なツーショットです)
犬も長い時間留守にされるとストレスが溜まり、悪戯をしてくる時もありました。
20150704173143.jpg

家に帰るとペットが迎えに来る姿は本当に元気を与えてくれます。
これからも我が家の犬だち紹介していきたいと思います。













筆記具

2015.07.03

早くも7月、新進建設の現場監督たちも日に焼けた浅黒い肌が目立つようになってきました。

最近私がハマっている物、それは筆記具!
学生時代から鉛筆やボールペンなど様々な筆記具を使ってきましたが
最近になって目覚めたのが「万年筆」です。

子供の頃は見向きもしなかった万年筆にこの年になって興味が湧き
安いものから何種類か使いだしているうちにその書き易さの虜になりました。

数百円の物(万年筆)を使っていた頃はどちらかと言うと書き易さよりも
豊富で鮮やかなインクの色に魅せられた部分が大きかったのですが、
ちょっとづつ値段が上がるにつれ、その滑るようななめらかな書き心地が
クセになり、今ではすっかり万年筆の虜です。

とはいえ、高い物はそう簡単に買う事が出来ませんが・・・

筆記具万年筆を使うようになって、文字を書くことが楽しみになった総務部 鷺池でした。



家庭菜園日誌 2015年  第1次ピーク編

2015.07.01


青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり


「意味あい」は違いますが、我家の菜園も5月後半に第1次ピークを迎えました。

 

キャベツ

26.10.15 播種

27.4.5  最初の収穫

27.5.5  最後の収穫(伐採)

 

葉物は虫がつくので敬遠していましたが 昨年のキャベツ収穫成功に気を良くして2回目の挑戦!

我流防虫ネットを施しましたが 予想外の「なめくん」「アブラムシ」被害と 「トウ立ち」により 大半は廃棄処分へ・・・課題満載!

 

キャベ①.JPG













27.4.19時点 

順調に推移していました



 

キャベ②.JPG














27.4.29時点 

「とう立ち(=抽苔)」→外気の変化により 花を咲かせてしまう事。


「キャベツ」から芽が突き破って出てきます・・・グロテスク!



 

キャベ③.JPG














27.5.3時点 

外見に問題がなくても 切ってみると「とう立ち」の準備中 

中身は「キャベツ」ではなくなっています。


教訓  

「とう立ち」する事を前提に 小さくても4月前半に収穫すべ

② なめくん対策 

   →ネットと地面の接点は 土を深めにかぶせる(侵入防御)

 



玉ネギ

26.10.15 播種

27.5.6  最初の収穫

27.5.23 伐採(最後の収穫)

 

キャベツ同様2回目の挑戦。去年は実が小さく食べるのが大変でした。

今年は陽の良く当たる場所での栽培で リベンジ!

「移植」の繰返しでしたが、よく耐えてくれました。合格点!

 

玉①.JPG















26.11.5時点  発芽時を例えるなら 「針」でしょうか!

 



玉②.JPG















27.5.6時点 葉が8割方倒れる頃 収穫時!

所謂 「ネギ坊主」もありましたが、これが「とう立ち」との事。

 

 



玉③.JPG















27.5.6時点 「とう立ち」した苗を 先行収穫!食べるのには問題なしでした。

 

 

その他の収穫物

 

ジャガイモ=毎年春と秋の定番!連作障害を毎回気にしていますが 今年は兆候もなく 充分な収穫!


ソラマメ=秋蒔きの定番で贅沢な一品です。今年も豊作でした。


小松菜=少々


ほうれん草=少々

 


追記 

収穫(伐採)してからが大変!

①根を含めた全てを裁断して 堆肥場へ

②空になった跡地に 石灰を蒔く(土壌の中和)

③去年作成した堆肥を蒔く(土を団粒構造へ)

④以上を 道具を使い 人力で耕起(自分の運動不足解消へ)

⑤表面が平らになるよう整地

 

 

さて これからが本番! 

伐採の翌週にはスイカの移植等々・・・8月には作物収穫の第2次ピーク(年間最大値)を迎えます!

 

園芸部 東海林

←2015年6月のアーカイブ

2015年8月のアーカイブ→

HOME | BACK