CATEGORY

LATEST

BACK NUMBER

 

旧スタッフブログはこちらから

←家庭菜園日誌   ジャガイモ・玉ネギの収穫 

すっかり梅雨ですね→

ランサムウェア

2017.06.16

computer_virus.png
梅雨入りして1週間が経ちましたが、雨の日よりも晴れが続き梅雨っぽくない日が続いていますね。
総務部 鷺池です。

話は変わって、5月頃からテレビのニュースやネットなどで「ランサムウェア」が流行、と
報じられることが多くなりました。

ランサムウェアはコンピュータウィルスの一種で、感染するとパソコンやスマートフォンに
脅迫文が表示され、現金などの支払いを要求されます。
支払いが完了するまでパソコンなどの操作が制限され、最悪データ消去やコンピュータの利用不能に陥ります。

ですが、支払ったからといって制限などが解除される保証もなく、場合によっては金品も取られパソコンも利用不能になる
といった事態も多発しているようです。

この手のウィルスは大昔から存在し、時代に合わせて脅迫文や支払い方法などを巧妙に変え感染を続けてきました。

多くの場合、これらのウィルスはメールによって感染拡大を図ります。
メールに添付されている圧縮ファイル(主にZIPファイルやlzh、rarなど)を開いてしまったり
リンクされているURL(ホームページ)を開いてしまうことで感染します。

最近はそのメールも巧妙になりAppleやAmazon、郵便局など普段利用される機会が多い企業からだったり、
友人やママトモ、取引会社などを偽る物が多く、何気なく開いてしまうような巧みな文章で誘導されてしまいます。

ほとんどの場合、そういった偽のウィルスメールはYahooメールやGmailなどのフリーメールから送られる場合が多く、
ドメイン(インターネット上で利用される固有の住所表記のようなもの)が日本以外の国の物が多く見受けられます。

添付ファイル付きのメールや、URLをクリックするよう誘導する内容のメールを受け取った際は、
まずウィルスを疑い、送信者のアドレスを確認するようにするだけで、ほとんどのウィルスを対策することが可能です。

それらのメールを受け取った際は、例え自分や知り合いの名前が書かれていたとしても、まず疑ってみることが
感染予防の大きな対策かもしれませんね。


←家庭菜園日誌   ジャガイモ・玉ネギの収穫 

すっかり梅雨ですね→

HOME | BACK