CATEGORY

LATEST

BACK NUMBER

 

旧スタッフブログはこちらから

←大磯迎賓館と秦野の薄墨桜

初体験→

二分の一成人式

2018.04.27

こんにちは。パートスタッフの佐藤です。

我が家の一人息子も春から5年生になりました。
最近の彼は学校にいるとき以外は、ほぼバスケットボールをしています。

小さい頃は公園に連れていっても、危ないからと言って滑り台もジャングルジムもあまりさせないようにしてしまった私・・・
怪我をする位ならやらなくていい・・・
大事に大事に育てた結果、運動嫌いな子になってしまいました。
小学校に入ってからは当たり前ですが、鉄棒、縄跳び、マット運動は体育の授業であるし、運動会という年間最大行事では、みんなの前で走らなければならない・・・
「何かやろう」と話して暫くして彼が持ってきたのは、バスケットボール(ミニバス)の体験会のチラシでした。
バスケットボール!?無理無理!!と心の中で思いつつ、しばらく見守ることに・・・
最初は辛くて辛くて泣いてばかり、もちろん体力がついていかない、難しくて何を言ってるのかわからない。心身ともに限界・・・10歳にして知る初めての限界。
でも、不思議なことに辞めたいと言わない息子。
気が付いたら1年が経っていました。

4年生の最後の学習参観は恒例の二分の一成人式です。これまで育ててくれた両親への感謝気持ちと20歳の自分への決意、将来の夢などを子供たちが発表します。

警察官、公務員、先生、ゲームクリエイター、看護師、パン屋さん・・・・

息子の将来の夢は「みんなから憧れられるバスケットボールプレイヤーになりたい」でした。
なーんかかっこいい事言っちゃってさ・・・ねえ?
と隣の旦那さんを見たら、涙ポロポロ流して号泣してました・・・。

写真100.jpg



←大磯迎賓館と秦野の薄墨桜

初体験→

HOME | BACK