CATEGORY

LATEST

BACK NUMBER

 

旧スタッフブログはこちらから

←はっこねの山は天下の嶮♪

猫、来ました。→

家庭菜園日記 ピーマン

2018.12.07

寒くなってきましたね。

 

冬期は家庭菜園での収穫があまりない季節でもあります。

 

 

突然ですが ピーマンとパプリカは、何がどう違うのでしょうか?

ピーマンは緑色で パプリカは赤や黄色などで実が大きい・・・

 

品種の相違はあるのでしょうが 実は明確には大きな相違はないようです。

 

ピーマンは実が早熟な状態で収穫するので「緑色」ですが、そのまま放置すると熟して赤色に変色します。


パプリカは熟した実を収穫するので「赤」や「黄色」ですが、熟す前は「緑色」です。

 

 

今年は 採種を兼ねて「パプリカ」を止めて「ピーマン」を栽培してみました。

 

私にとって「ピーマン」は鬼門で、「パプリカ」は順調に育つのですが、「ピーマン」は毎回失敗に終わっています。

 

なかなか芽が出ず 今年も4回ほど播種を繰返しました。

 

①2018.11.22.JPG



















7/20時点 

花は咲きましたが まだまだ苗は小さめで、収穫には程遠い

 


②2018.11.22-thumb-400x300-18030.jpg

























8/15時点 

葉が枯れてきて また途中から新しい芽が吹き出ます

→一斉に花が咲いて実ができ、一旦葉が枯れてから一斉に新しい芽ができます。どうやらこれを繰返すようです。

 




③2018.11.22.JPG



















10/1時点 

台風で茎が折れ そのまま放置したもの。株を伐採しようかと思いましたが 折れた茎の処分にとどめ更に放置しました。

 




④2018.11.22.JPG



















11/3時点 

再度芽が吹きだし 晩秋・初冬のこの時期に収穫へ

→本来は10月中旬程度までが収穫の時期だそうです。

 




⑤2018.11.22.JPG



















11/3時点 収穫図

 




⑥2018.11.22.JPG



















11/3までにも 多少は収穫しています。

なぜ少しか・・・無農薬の限界でしょう。特に夏場の収穫の多くは 虫が穴をあけ「廃棄処分」となります。

 

熟した実からとれたものは「種」で 播種すれば芽がでます。

スーパーで売っている「パプリカ」の種は 芽が出る「種」ですが、緑色の「ピーマン」は熟すまで待たないと「種」ではありません。

赤い実は 採種用に熟すまで待ったものです。

 

ピーマンの種を初めて採種しました。


来年もピーマン栽培にチャレンジ予定の 東海林でした。

←はっこねの山は天下の嶮♪

猫、来ました。→

HOME | BACK